八溝山林探検記(1)

八溝山の山林の現地調査にでかけました。
なぜか社長は都合が悪いとの事で、私と案内人のUさんと山に入ります。
車でいけるところまでいき、作業道(木を切り出す時に使う道)を歩いていきます。
ちなみに服装は、Uさんは長靴にナタや水筒をぶら下げて、俺は登山靴にザックです。

画像


だんだん道がヤブっぽくなり始め、
「この上を巻いていけば作業道かな?」
とUさん。突然山の斜面を登りだします(ちょっとまってよ。こんなとこ登るんですか?)
画像


そこは斜面とかじゃなく、もう垂直の壁! 木につかまっていないと立っていられません。
Uさんの姿も見えません。一抹の不安。ついて行かないとハグレル!
ヅルヅルと斜面が・・・うわ
じたばたしてるとウエストバックからダカラが落ち、斜面を落ちていきます!
げっ! 命の水が

いつの間にかUさんが降りてきて、沢沿いに行った方が楽だと・・・・。
え、なに? そりゃないよ。俺のダカラは・・・・
再び沢沿いに進んでいきます。もちろん道じゃありません。水はちょろちょろ程度で歩きやすい・・・・その前にあんな斜面を歩かされたから(爆)

画像


地図で沢の出会いを確かめつつ、Uさんが沢を確認しながら進みます。Uさんが先行して沢を確認してるあいだに一服して待っています。
実はこの沢、Uさんは知らないだろうけど、尾根向こうが極楽沢。
金を採取したことにちなむ地名です。 
あわよくば(笑) 沢の岩をひっくり返すっう誰かが見てたらかなり怪しい行動をしながら待ってました(笑) この上の八溝山の尾根には大昔の金を掘った後が残っています。まあ、残念ながら粘板岩しかありませんでしたけどね
うまい人がやると、この辺でもこのくらいは取れるみたいですが・・・・。それにしてもいろんな趣味の人がいるもんですね久慈川なんかで砂金が採れるとは思いませんでした(^^;

そうこうしているいうちに、目的地の目印のF3(3m)級の目印の滝・・・・崩壊していて隠れた滝になってました。

画像


やっと到着です。Uさんは伐採の時以来に来たので、こんなに雑木林が育っていたことに驚いていました。

画像


日本の森林の再生能力はすごいなとUさん。ちなみに山林の広さは約4ヘクタール。1ヘクタールあたり年間1トンの炭素吸収効果があります。

画像


参考:林野庁HP森林の二酸化炭素吸収量



大きな地図で見る



サントリー DAKARA2LPET×6本入
味園サポート楽天市場店
“DAKARA ゼロ・スタイル”をキーワードに、摂りすぎが気になる現代人の食生活を考えて、“砂糖・脂


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 八溝山探検記(2)

    Excerpt: 目的地についたけど、密生状態で現地の写真が撮れません Weblog: 福島県南田舎暮らし情報ブログ「ZAI」 racked: 2008-10-23 15:05
  • 棚倉町の八溝山山林

    Excerpt: 当地では山主は運気が上がると言われております。 なにかの記念にいかがでしょうか?  かって金山もあった八溝山の山林で、将来的にお宝になるかも(^^; Weblog: 福島県南田舎暮らし情報ブログ「ZAI」 racked: 2008-10-25 22:53